転職するなら稼げるエステの仕事でインセンティブをゲットしよう 転職するなら稼げるエステの仕事でインセンティブをゲットしよう

転職する前に知っておきたいエステティシャンの基本

エステティシャンとして働く心構え

エステティシャンとして働くなら、まずは仕事内容や役割を把握しておきましょう。こちらでは、エステサロンにおける基本的な仕事や知識についておさらいします。

エステサロンのお仕事に関するQ&A

エステティシャンの役割は?
美のプロとしてお客様の「美しくありたい」「若くありたい」という希望を叶えることです。そのためにマッサージなどの技法や最新機器、パック・トリートメントなどを使ってお客様の顔や体にケアを施します。また見た目だけでなく、癒しや満足感を提供してお客様の心に寄り添うことも重要です。お客様が前向きに人生を楽しめるよう、カウンセリングや食事管理などさまざまな面からサポートします。
求人で紹介されているサロンはどんなものがありますか?
まずエステには、美容・医療クリニックなどの医療機関で行う「医療系」と、そうでない「エステティックサロン」があります。エステサロンはさらに重点を置いている施術によって、肌トラブルの改善を行う「フェイシャルエステ」、ダイエット目的の「痩身エステ」、ムダ毛を処理する「脱毛エステ」などに分けられます。それぞれ扱う機器や施術方法が異なるため、求められる技術や知識も異なります。
エステティシャンのノルマって必ずありますか?
ノルマは、設定されているサロンもあれば全くないサロンもあります。一概には言えませんが、大手になるほどノルマが定められていることが多いようです。また、ノルマの設定額や単位(月ごと、日ごと)、達しなかった場合のペナルティの有無も店舗によって異なります。ただ、ノルマを設定しているサロンはその分歩合制の還元率が高かったり、ノルマを大きく超えた場合に賞与として返ってきたりすることが多いようです。
エステティシャンのやりがいってなんですか?
お客様にキレイになって頂くこと・喜んで頂くことはもちろん、美容情報の入手や美意識を高く保つことによって自分自身もキレイでいることができます。また、独立して自分のサロンを持つことができる点も大きなやりがいのひとつ。技術を磨けば収入を増やすこともできますし、腕一本で開業することもできます。自分の理想のサロンを作ることは、モチベーションを保てる大きな目標となるでしょう。

やりがい、将来性ともに魅力的な仕事

エステ施術をする女性

「エステティシャンは大変そう」と転職をためらう方も少なくありません。しかし実際は、美容のプロとして女性の悩みを解決できるやりがいのある仕事であり、スキルによって収入もアップする将来性の高い仕事でもあります。結婚後・産後も続けられるため、長い目で見ても魅力的であると言えるでしょう。

TOPボタン